業務用品で中古でも価値があるものは?

オフィスの移転や事業所の閉鎖、あるいは閉店など、様々な理由から今まで使っていた備品を処分しなければならないことがあります。そのような場合、使っていた備品をただ廃棄してしまうのは資源的な意味でも、金銭的な意味でも非常にもったいないです。

実は、業務で用いるものの中には中古需要が高く、高額で買取ってもらえるものが少なくありません。以下にその例を挙げます。もし、処分対象の中にそれらが含まれていたら、一度買取店に依頼すると処分費用を大幅に節約できるかもしれません。

中古需要が高い業務用品

<パソコン>

個人でも法人でも、中古のパソコン需要は非常に高いです。新品よりも価格が低く、導入へのハードルが低いことがもっとも大きなメリットです。情報漏えい対策として、買取に出す前に専用の情報消去ソフトウェアを使うことをおすすめします。

工場出荷時の状態に戻すなどのコマンドを使えば、一見、情報はすべて消去できたように見えます。しかし実際はいくつかの手順を踏むことで情報を元通りにすることも不可能ではないのです。情報を復元させないためには、情報を消去したあと、意味のない文字列などで上書きする必要があります。それを行うのが情報消去ソフトウェアです。

<業務用厨房機器>

カフェ開業が2000年ころに流行したことを覚えている人は多いでしょう。ブームというほどではないものの、いまだに脱サラして飲食店を開く人は少なくありません。企業であっても初期投資を少なくするために中古の厨房機器を用いて開店することもあります。

厨房機器であれば、製造から5年以内で故障していないもの、さらに付属品や説明書がそろっていれば高額買取が期待できます。

<計測器>

さまざまな用途に用いる計測器は、安定して中古品の需要があります。専門買取店も数多くありますが、計測器にはユニークな買取サービスがあるためそちらをご紹介しましょう。

Ekuippというサービスは、通常の買取サービスとは違い、中古計測器の売買プラットフォームを提供しています。買取を希望する企業が中古計測器を出品し、購入希望企業は気に入った出品物に対し購入希望を出します。詳細を確認した後、取引が成立すれば商品を発送し、取引が完了します。

実際にどのよう中古計測器が買取希望商品として出品されているかは以下からご覧いただけます。
→出品されている計測器一覧

買取を依頼する先は?

いらなくなったものを買取ってもらうなら、専門業者に依頼することが一番です。そうすることで高額買取が実現しやすくなります。複数社の見積もりを取ることでさらにもっとも高い査定金額を出した業者に依頼できます。

パソコンであれば特に専門買取店の利用をおすすめします。業務で使用していたパソコンにはさまざまな機密情報が含まれています。買取に出す前に情報を消去していても、専門知識のない一般買取店経由で渡った新しい持ち主が情報を復元しないとも限りません。専門買取店であれば、復元しても情報漏洩しないようにする特別なソフトウェアを用いて情報保護を徹底しています。

また、ほかにも先ほどご紹介したEkuippのように、売りたい企業と買いたい企業のマッチングサービスを利用するのも良い手段でしょう。これからはこのようなサービスがさらに増えていくと予想されています。